自動車事故に遭った場面で自らが事故の被害者でも事故を起こした方がミスを少しも容認しないという事はかなり多く存在します。75-4-78

一例として、意図的にではなくちょっと気が抜けて車をぶつけられた際に、そうした押し問答になる危険性があるのです。75-10-78

だからと言って事故現場で物損とされ後で自覚症状が現われてから行った病院の参考になる診断書警察署に出すのでは遅れを取る感はしょうがなくなります。75-5-78

そうであるならば、自動車事故の過失割合はどんな風な認定基準が決まっているのでしょうか。75-7-78

細かく説明しますと、警察署が認定するのは主として自動車での事故の大きな落ち度が認識されるのはどちらの車かという責任の有無であり、割合というわけではありません。75-9-78

また、最終的に決められた事故の過失があった人が知らされる状況は考えられません。2ch 金本博明

それだから、過失割合は事故に関わった人たちの交渉の結果で決められたこの事が自動車事故の賠償の算定基準となる訳です。75-11-78

この場合、双方共に任意の保険に未加入の場合には、当事者同士が直接やり取りを余儀なくされます。75-12-78

しかしながら、こういう協議では、短絡的な押し問答になる可能性が存在します。75-19-78

これに加えて、互いの主張が平行線をたどれば下手をすると、訴訟に突入しますが、この場合貴重な時間と費用の甚大なマイナスは避ける事が出来ません。75-8-78

ですから多くの状況で、事故に関係するドライバーについている保険の会社、そのように双方の保険の会社に交渉を委任する策を活用して、ちょうどよいどちらに何割過失があるのかを慎重に結論付けさせるのです。

このような際には、自動車保険の会社は、前の自動車事故の事例の結論から計算した認められた基準、判断例を基に仮定と調整を活用してどちらに何割過失があるのかを計算します。

そうであっても交通事故のケースでは不幸にも関わってしまったのか他者を巻き込んでしまったのかには関係なく、まず最初に110番するのが原則です。

その後で、保険の会社に連絡をして、やり取りを一任するのが順序となります。

正しい仕組みさえ知っていれば両者の無意味な話し合いとなる事を回避できるに違いないのです。