外国為替市場介入(為替介入)という言葉は耳にした事がありますか?日銀が介入して新聞、雑誌、グーグルなどのニュースでご覧になったみなさんも多いと思います。ジッテプラス

そもそも為替介入(外国為替平衡操作)とは日本においては、・大臣(財務大臣)為替のレートの安定を実現するように用いる方策として見なされています。自動車 自動車税

簡潔に言えば、極端な円高や円安になった際に財務大臣のお達しが出ると日銀が日本円を売り買いすることで円相場の安定を狙う、ものです。すぐ会えるサイト

為替介入(外国為替市場介入)はいくつか方法があるのです。ラブトキシック 福袋 2017

1.単独介入・・・政府または日本銀行が東京での市場の中で市場に参入して為替介入(外国為替平衡操作)をする。http://www.xamanismo.org/?p=54

2.協調介入・・・銀行などが協議し、それぞれの通貨当局のお金を用いみんな一緒にまたは随時為替介入を行なう。メディプラスゲル 口コミ

3.委託介入・・・外国の銀行などへ外国為替市場介入(為替介入)を委ねる。プレミアムアイラッシュエッセンス 口コミ

4.逆委託介入・・・日本銀行が他の国の通貨当局の代わりに為替介入(外国為替市場介入)を行なう。ベアミネラル 口コミ 乾燥

こんなような種類があるのです。

いずれの方法の介入も短期に、あるいは継続的に為替のレートにインパクトを与えます。

外国為替平衡操作(為替介入)の資金は当然のことですが国のプライドをかけて行なうだけにスケールが大きいです。

円ベースで例えると、普段は数銭ごとに変動している相場が不意に大きく動きをするのです。

投資家の方でしたら一回くらいは経験したことがあると思うのですがそれまでスムーズに含み益(あるいは損失)を増やしていた持ち高を保っていたのに、維持しているポジションが決済となりましたといった情報が外国為替の会社よりメールが来ました・・・どれだけ得したのかな(赤字になったのか)?と思いつつ決済データを見たところ、自らが思っていたのとはまったく反対の事態になってしまいびっくりした話がよくあります。

外国為替平衡操作(為替介入)が実施された時によく起こることです。

こういったことから為替の介入を施行すると、市場の変動と反対の変動をするのです。

しかも動く額の範囲は相当でかく変わりますので注意が必要です。