1.カードならやっぱり海外旅行傷害保険◇会員費がタダでないカードの多くには、いわゆる海外旅行保険が付帯しています。楽天カード

何のための旅行者保険かなのだが、その名前にある通り、国外旅行の時に安心できる旅行者保険を示すもので国外で予期せぬ事故に直面した場合や医療費が発生してしまった際にその際の損失額(診察費等)をクレジットカード会社が支払ってくれるというとっても安心できるものです。

あまり海外出張等に出る機会がないという方にしてみれば保障を受けるなんていう機会もほとんどないだろうが、海外旅行に何か月も行くのが普通という旅行者なら、この種の保障があって助かった・・・と胸をなでおろす時がないともいえません。

でも、種類や年会費が異なれば海外旅行傷害保険の内容がずいぶん違います。

チケット購入にあたっての要件や適用範囲等もカードが違うと千差万別のため、海外への旅行や出張に出かける際にはちゃんと検討するとよいでしょう。

2.近場の日帰り旅行等でも力になるクレカ◆国内旅行傷害保険は海外旅行傷害保険と内容は同じく、日本国内での旅行中に事故や費用が発生したら診療費を負担してくれる助かる傷害保険です。

海外旅行者保険と比較すると保険範囲の要求がやや厳しいが思わぬトラブルや入院が長くなる等が必要になっても大切な所有者を助けてくれるものだから、国内を飛び回るカード加入者にとっては安心感を与えるよりどころと言えるでしょう。

会員費がそんなに高くないカードの場合には、ない傾向が強いようです。

日本国内の旅行に行くのが趣味といった場合なら、他のカードより高くなっても国内旅行保険が付帯したブランドを優先するようにするとよいと思います。