外国為替市場としてのFX(外国為替証拠金取引)に関して見ていきます。FXは二国のお金を交換することにより二国の通貨の差額をもらうとの方式となります。こうした二国の通貨の中で発生する差益の金額をスワップ金利と呼んでいます。こういったスワップ金利とは本来はスワップポイントと呼ばれるみたいです。FX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)は、一日で受け取れますがその日の為替相場の動きによって異なるそうです。このような外国為替証拠金取引のスワップポイントを得ることをねらって、FXの為替の取引をしている方々もいるらしいです。スワップ金利は取引するFX業者ごとに違うところがあるためほんの少しでもスワップポイントが高い取引業者でトレードしたいと思います。とは言っても、スワップポイントは為替のレートが変わると変化してしまうので気をつけてください。さらに為替取引をやる時にはチャートを読み取る事が重要になるのです。図表を読み取る事で為替取引の流れを予測する可能となると言われます。為替取引ビギナーが見たとしたら何のグラフですか?のように難しいと感じてしまうと思いますがツボを覚えておくことでグラフの理解が出来るのです。どこから日本円が上がるもしくは下降するだろうとかここで最近では円安などとこのグラフを読む事で判断が出来為替トレードをやる際には大いに大切な情報源となるらしいです。グラフは、日本ではローソク足(陰陽足)が使われるのが通常でその名前の通りローソクの形みたいなチャートで示されているのです。このローソク足では高値とか安値加えて終値とか始値を表されていてチャート図は多様な形になって行くのです。