自己破産申請までの間は提訴というような法的な手続きは承認されます。とりわけ破産の事務手続きに入ったのち実行までに無駄な手数があったケースには債権者によって裁判を起こされる危険が上がります。債権人側からすると債権の返納もしないまま、破産のような手続きもなされないといった状況だとグループの中で完結処理を遂行することができないからです。つまるところ審理の結果どういうふうな決定がされようが申請人に借りたお金を払う資産はないわけです。取立人もそれは熟知していて、訴訟行為などといった強引なやり方で、上手に和解決着にし完済させるなり負債者の親族に返金してもらうというようなことを目標にしている場合も存在します。※西暦2005年の1月1日改正の新破産法にもとづき自己破産の申し立てをした後は差し押さえなどの法律の要請に関しては実効性がなくなることになりました。ですので、過去の破産法の場合と異なり提訴というようなことをやろうとも効果がないと予想されるとして現実的に提訴をやってくる取り立て企業はほぼ存在しなくなると考えられます。そういった意味でも2005年の1月1日の改正で破産制度は従前と比べて申請しやすくなったと考えます。返済督促の際ですが、督促とは、債務人に向かって負債の返却を行いなさいというものです。一般の審議をするときとは違って取り立て屋の一方的な主張だけを受けて進めるためオーソドックスな訴訟のように代金が高くなりすぎないので取立人がよく用いる法律手段です。督促の手続きがなされた場合、裁判所による書類が送られてくる運びとなって、それが配達されてから2週間以上が経った場合、取り立て屋は債務者の資産(給与債権も含む)に対し差押え処理が可能になるということです。支払督促に対し異議を作ることができれば普通な裁判に変化することになると思われます。※オーソドックスな審理は長引きがちなものですので免責までには裁定がおりない可能性が濃厚になることは知っておきましょう。