自動車の査定の留意点として重要視される点として走行距離がまず考えられます。通常走行距離というのはマイカーの寿命とみなされることもありますので、走行距離というのは長い分だけ売却額査定の際にはマイナス材料になります。一般的には走行距離だけで見れば短いほうが愛車の見積額は高くなりますが実際はあまり突っ込んだ判断基準は存在しなく、決まった目安で査定されます。このことは実際車を中古車業者で見積りをする時も重視される査定の大きなポイントになります。例えば普通車ですと年間標準走行距離10000kmを基準としてこれを超えて走っていると多くの場合査定がマイナスになります。軽自動車では、年間標準走行距離が8000kmがまた年数の割には走っている距離が相当少ないという場合でも、見積額が上がるとも一概には言えません。実際実行したら良く分かりますが、自動車は適時乗ることでコンディションを維持できるものなので年式の割に距離を走っていない中古車ですと、破損しやすいとも考えられることもあるでしょう。中古車の査定に関しても同じことです。基本的には年式・走行距離についての買取査定の要点は年数にたいして適切な走行距離かどうかという点です。次にその車の経過年数も自動車の売却額査定の大切な注意点です。きっちり分かっているんだというかたがたくさんいるだと思いますが、年式が新しいほど査定には優位なのですが例外的にその年式の車に特別な価値がある車種は昔の年式の場合でも高く査定されることもあります。、同様の車種で同じ年式でも、その年にマイナーチェンジ、モデルチェンジが発表されている車はもちろん、それぞれの仕様次第で見積額は変わってきます。同じ車の見積もりといっても状況により算出される金額は大きく変わってくるものです。